BULOVA(ブローバ)の人気ダイバーズウオッチを紹介

BULOVA(ブローバ)の人気ダイバーズウオッチを紹介

BULOVA BULOVA

BULOVA
HISTORY

ジョセフ・ブローバ

1875 ジョセフ・ブローバがニューヨーク・マンハッタンに「J・ブローバ」を開業。ブローバの起源。

ジョセフ・ブローバ

1920 世界で初めて高層ビルの最上階に天文台を設置し、
観測記録を製品の時計設定に役立てた。

ジョセフ・ブローバ

1926 時計メーカーで初の国内ラジオコマーシャルを展開。

ジョセフ・ブローバ

1941 世界初のテレビコマーシャルを放送。
"America Runs On Bulova Time.(アメリカはブローバの刻む時間で動いている)"というテロップを野球中継前に放映した。

ジョセフ・ブローバ

1960 世界初の音叉式電子時計「アキュトロン」を発表。月差1分以内の高精度で世界から絶賛された。

ジョセフ・ブローバ

1969 「アキュトロン」の計時装置は人類初の月面着陸を
果たした有人宇宙船アポロ11号に搭載され、
Sea of Tranquility(静かの海)に設置された。

98A22798A227
69,300円
98A28298A282
63,800円

LUXURY SPORTS DIVERMARINE STAR

2019の発売より瞬く間に人気となった、スポーツルックスと高い防水性能を携えるシリーズ初の自動巻きモデル「マリンスター」※98A227は、発売以来のロングセラーモデル。
ベゼルの2層構造が奥行きを表現。ラグジュアリースポーツの代名詞、6か所のビス。7時位置のオープンハートが機械式ファンの心をくすぐります。
防水機能は20気圧防水、シリコンラバーバンドは裏地に差し色を使い、随所に大人の遊び心が見られる。
実用性、高級感ある佇まいで、オフィシャルでもカジュアルなTシャツでも、着こなしを格上げしてくれます。

2021年春夏の新作は、グレーシャーブルーを採用。
ブルーの中でも落ち着いた雰囲気。
2層構造のベゼルにもビスにもグレーシャーブルーを配色しているので、立体的な構造がより美しく見えます。
ケースは従来モデル同様、45mm、20気圧防水。
シルバーの落ち着いた雰囲気に、4時位置のスモールセコンドの赤、時分針のホワイトカラーで海を想わせる爽やかな印象。インデックスのローズゴールドと合わせることで華やかさが漂い、都会的な雰囲気も持ちあわせ、オフィシャルな場でも腕元を美しく彩ります。
オンオフ問わず、お愉しみいただける時計です。

OCEANOGRAPHER
DEVIL DIVER
復刻!

時計史に残る名作、伝説のダイバーウォッチ 「OCEANOGRAPHER DEVIL DIVER」 (オーシャノグラファーデビルダイバー)を復刻した 新モデルが登場。

当時300フィート(約90m)が一般的だった1970年代に、666フィート(約200m)という圧倒的な高い防水機能を持つ時計でした。

「666」という数字が新訳聖書の“ヨハネの黙示録“に登場する獣(悪魔)を表す数字であることから、悪魔の異名を取るようになったのです。

今回の新作は41mmと小ぶり、シリーズ初のラバーストラップモデル、現代のデビルダイバーは全モデルISO規格を取得した200m防水の本格ダイバーズウォッチとなっています。

鮮やかなオレンジは、オリジナルモデルを忠実に再現したもの。暗い海の中での視認性を高めるため、鮮やかな配色となっています。

文字盤上のロゴは当時のロゴを使用。
立体的で特徴のある円柱状の蓄光インデックスや、
60~70年代に流行したクロスデザインまで忠実に
再現しており、懐かしさを感じさせる時計です。

96B350
82,500円